2013年06月07日

安全サプリメント

プラセンタは生物を由来として抽出された成分です。
植物由来という言葉はよく聞くと思いますが
生物由来のプラセンタには植物由来にはない副作用が心配されています。
そのひとつが感染症です。
非加熱製剤という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
度々ニュースなどでも取り上げられていますが
肝炎やエイズなどの感染症の原因として話題にのぼる薬です。

サプリメントのように加工してあるものであれば問題はないのですが
プラセンタ注射の場合にはこういった感染症が
引き起こされるのではないかと言われているのです。

しかしプラセンタ注射は基本的には熱を加えて
菌を完全に殺してから患者さんに打たれるので
感染症の心配は全くと言っていいほどないそうです。
実際に大きな問題となるような副作用が起こった事例もありません。

もし感染症が起こる可能性があるとすれば
まだ発見されていないような病原体が潜んでいる
生物から抽出したものを注射した場合です。
もちろん熱を加えても死ぬことがない病原体であることが条件なのですが
しかしこの可能性は非常に低いでしょう。
リスクというほどのものではありませんから
まず気にする必要はないのではないでしょうか。
念のために注射を打つ際には
それがどの国でどのような人から抽出されたプラセンタであるかを
確認してからにした方がいいでしょう。
posted by 高濃度プラセンタサプリ at 15:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。